直通バスで雨でも安心♪「いないいないばぁ」でおなじみの【NHKスタジオパーク】体験レビュー

スポンサーリンク
レンタルタグ 728×90



シェアする

先日、2歳~5歳を含む友人4家族でNHKスタジオパークを楽しんできました♪
下の兄弟がいない我が家の5歳双子は、時間帯的にもうあまり「いないいないばぁ」や「おかあさんといっしょ」はそんなに頻繁に観ないのですが、さすがNHK!Eテレ番組を見てない上のお兄ちゃんお姉ちゃんも楽しめるようなアナウンサーやアフレコの体験ブースや現在放送中の大河ドラマの展示など、小さなお子さまから大人まで楽しめる作りになっていました♪

スポンサーリンク

◆渋谷駅から徒歩12分。渋谷マークシティから直通バスあり!

NHKスタジオパーク

住所:〒150-8001
東京都渋谷区神南2-2-1 NHKスタジオパーク
電話:03-3485-8034
営業時間:午前10:00~午後6:00(最終入場 午後5:30)

NHKスタジオパークは渋谷駅・原宿駅・明治神宮前駅・代々木公園駅からそれぞれ徒歩で約12~15分になります。

晴れている日は歩いても良いのですが、私たちが遊びに行った日はあいにくの雨。天候が悪かったので直通バスを利用することにしました。

NHKスタジオパークへは渋谷マークシティから直通バスが出ています!
マークシティへは渋谷駅のどの線からも濡れずに直結で行く事が出来るのでとても便利です♪

バスの時間は30分に1本なので、あらかじめ時間を調べておくのが良いでしょう。
私たちは、マークシティで軽めのランチを取ってそのまま直通バスでスタジオパークへ向かいました。

直通バスはマークシティの1階正面の入口を出てすぐにある2番乗り場から出ています。

◆NHKスタジオパーク

直通バスを降りると、まず壁一面に「ガラピコぷー」の大きな顔の立体パネルがありました。肌触りもふわふわぬいぐるみの質感を再現しています。

「わ~!」と子供達はくいつき気味で走り寄っていきました。

そのまま入口までの壁は歴代のEテレ放送のパネルなどが貼ってありました。

◆スタジオパークは無料公開デーがたくさんあります♪

NHKスタジオパークの入場料は、一般(18歳以上65歳未満)が200円のみで子供は料金がかかりません!

しかも、無料公開デーの日付をたくさん設けているので、無料の期間を狙って行けば大人料金もかからないのです。

【2018年の無料公開デー】
1月2日(火)~21日(日)
1月23日(火)~31日(水)
2月1日(木)~4日(日)
3月10日(土)~11日(日)
3月20日(火)~25日(日)
3月27日(火)~4月8日(日)
4月11日(水)
4月18日(水)
4月22日(日)
4月25日(水)
4月28日(土)~5月6日(日)
5月9日(水)
5月16日(水)
5月23日(水)
5月30日(水)
6月2日(土)3日(日)
6月6日(水)
6月13日(水)
6月20日(水)
6月27日(水)
7月4日(水)
7月11日(水)
7月14日(土)~22日(日)
7月24日(火)~8月15日(水)
8月22日(水)
8月29日(水)

私たちが行った日もちょうど無料公開デーでした♪

入口に到着すると受付で子供たち1人1人にプレゼントの袋が渡されました。

中を見てみると、Eテレキャラクターのシールが盛り沢山!これは嬉しい。記念のお土産になりますね。

◆2018 春のスタパまつり(2018年3月20日~4月8日)

現在春休み期間中は、イベントホールで「春のスタパまつり」を開催していていました。日替わりでEテレキャラクター達によるイベントショーが行われています。

本日は「どーもくんショー」の開催予定です。イベントホールへは先着順の入場整理券が必要になる為、入口で先に入場整理券を受け取ってからフロア内へ進みました。

わんわんなど人気のイベントは混雑が予想される為、イベントショーをご覧になりたい方は、NHKスタジオパークに到着したらまず入場整理券をGETする事をオススメします。

◆NHKスタジオパークは3つのフロア構成

受付を抜けるとまずは目の前に巨大な8Kスーパーハイビジョンの画面が!こちらは現在のハイビジョンの16倍の画素数との事。残念ながら撮影禁止のため写真を撮ることは出来ませんでしたが、かなりの大迫力で本当に綺麗な高画質でした!行かれた方は是非実物を見て体感して下さい。

NHKスタジオパークはフロアが3つに分かれています。

まずそのまま正面に進むとAフロア。順路的にはすぐ右手にあるエスカレーターを降りてBフロアを見学すると後で出口に向かう時にスムーズなのですが、私たちは最初Bフロアへのエスカレーターの存在に気付きませんでした(^_^;)

なのでAフロアからスタートです。

左手のブースにはCT-450スタジオがあります。収録のある日は何と生放送番組を間近で見る事が出来ちゃいます!本日は残念ながら何もありませんでした~。

代わりに収録がない時はブースの中に入れます。中ではカメラマンさんがカメラを回してくれていて、撮った画像を前の画面で見る事が出来ます。

自分が出演したみたいでちょっぴり照れ気味の子供達。映った~!と喜んでいました。

奥へ進むと自然番組撮影の体験が出来るネイチャーカメラマンのフロアにちょっと気になるものを発見!

「キミのかおはなんのカオ?」です(^◇^)

自分の顔を撮影すると、50種類の動物の中から似ている動物を割り出してくれます!

我が家の双子の次女は・・・「テン」。可愛らしい(笑)

ちなみに双子長女は91%「りす」で、私は88%「ディクディク」でした。自分に似ている動物が何かちょっと気になりますよね。是非こちらに来た時は体験してみて下さい♪

お次はらせん状の下り坂の通路を通って下のCフロアへ。

下に降りると子供が喜ぶキッズワールドです。Eテレの世界が広がっていました。

画面には自分たちが写っていますが、中央には歌のお兄さんお姉さんの映像が一緒に遊んでくれます。映像に合わせて一緒に歌ったり踊ったり出来る仕組みですね!

コッシーも発見!これは座るしかないでしょう(笑)

いつも画面の中でしか見ていないキャラクター達が目の前にあるので、こちらのフロアは子供達に大人気でした。

キッズワールドを抜けると、先ほど入場整理券をもらったどーもくんショーが行われるイベントホールがありました。ちょうど時間でしたので中に入ってショーを楽しむことに。

中は撮影禁止です。キャラクターとの写真撮影等もありませんでした。前半はトークショーを観て、後半からはクイズが行われました。司会のお姉さんが観客からランダムに10人くらい答えてくれる子を指名して、正解するとキーホルダーが貰えます!いいなぁ~。残念ながら私たちのグループは誰も当たらずでした。

イベントホールの横はおみやげショップになります。

お土産屋さんを通り抜けると、スタジオカフェがあり、その奥がそのまま出口になります。

スタジオカフェは軽食やスィーツが食べられる簡易カフェとオムライスなど普通にランチが出来るレストランが併設されていました。午前中から遊びに来ていた場合はここで休憩を取ることが出来ますね。ただ、座席が少ないのでお昼時は少し混雑してしまうかもしれません。

私たちはまだBフロアを見ていなかったので、一旦来た道を辿ってAフロアまで戻る事にしました。

今度は入口から入ってすぐ右側にあるエスカレーターを降りてBフロアへ。

Bフロアに入ってすぐの通路にはNHK番組やニュース番組が壁一面に広がります。画面をタッチするとその番組が前に出て視聴出来ます。

その中で懐かしの番組を発見!!思わずタッチ!

じゃじゃ丸~!!これは・・私がちいさい頃見ていたEテレ番組「にこにこぷん」!同世代なら思わず反応してしまうと思います(笑)

そのまま廊下を進んで行くとタッチパネルでクイズに挑戦するブースがありました。キッズのクイズは「はなかっぱ」や「おじゃる丸」に関する内容でした。

中々全問正解にならなくてクイズを繰り返す双子達。次の人に代わって下さーい(汗)

Bフロアは体験できるブースが多いので、スラスラと文字が読めるくらいの年齢を超えている方が楽しめるかもしれません。上のお子さんには楽しいと思います!

科学番組エンターテイメントのはてなルームや・・・、

声優になってアフレコ体験が出来るアニメファクトリー。こちらは録音したアフレコを後で聞くことが出来ます。

さらに置かれている原稿を読んでニュースキャスターになれるスタジオパークNEWS。まだ原稿がスムーズに読めないのでイマイチなニュースキャスターでした(笑)

映像を合成してお天気お姉さんにもなれちゃいます♪

たくさんありすぎて全部は紹介しきれませんが、他のブースには大人も楽しめるような朝ドラのセットやパネルも用意してありました。

一通り回り終わったら、最後にガラピコぷーのフォトスポットで皆で記念撮影です。ゆっくり回っても2~3時間もあれば全体を回りきれると思います。

さぁ帰ろう・・・と思ったら入口にがんこちゃんを発見!!我が家の双子はがんこちゃんのプチファンなので大喜び。折角なので写真をぱしゃり♪

◆まとめ

思った以上に楽しめました♪この内容で料金がかからないのはお得だと思います。室内なので天候に左右されないのも◎

都内で気軽に遊べる遊び場の1つです。ご興味のある方は是非足を運んでみて下さい!

スポンサーリンク
レンタルタグ大



レンタルタグ大



シェアする

フォローする