子連れハワイ旅行記④2日目:朝から最高!朝食キャラクターダイニング「マカヒキ」と施設内キャラクターグリーティングの時間と場所

スポンサーリンク
レンタルタグ 728×90



シェアする

2日目の朝食はホテル内にあるキャラクターダイニング「マカヒキ」で食べました。ミッキーとの写真撮影にキャラクターとのイベントなどエンターテイメント性に溢れているレストランで朝から最高でした!

そんな美味しくて楽しい「マカヒキ」の様子と、アウラニの施設内で会えるキャラクターグリーティングについて体験を元に記載します。

スポンサーリンク

◆キャラクターダイニング「マカヒキ」は予約必須

アウラニ・ディズニーホテルにあるキャラクターグリーティング「マカヒキ」はビュッフェ形式になっています。パンケーキやアイランドフルーツ、具材を選んで目の前でオリジナルのオムレツを作ってくれるなど豊富なメニューが揃っています。

キャラクターとの触れあいも出来る為、予約無しでは入れないほど人気の朝食ダイニングです。宿泊者以外も利用することが出来ます。

マカヒキの予約をするには、直接アウラニの施設に電話( +1(808) 674-6200 )するか、もしくは専用のホームページから簡単に予約ができます。

ネットから簡単にマカヒキの予約をする手順はコチラ⇒【アウラニ・ディズニー】キャラブレ「マカヒキ」は自分で簡単に予約手配出来ます!

◆まずはミッキーとの記念撮影

マカヒキの受付に予約の詳細を伝えると、まずはテーブルではなく中庭へ通されます。

何やら列が出来ている先に立っているのは・・・

ミッキ~♡

そう、まずはお食事前にミッキーとの写真撮影になります。列の途中には隠れミッキーの入ったフルーツ水が置いてありました。

15分ほど並んでいよいよミッキーとご対面です(*´∀`)

昨夜、カレパストア(お土産屋さん)にてサイン帳を買っていた我が家の双子。

緊張しながら頑張って伝えました。「サイン・・プリーズ!」

ミッキー、笑顔で頷きサイン帳に書いてくれました。

カレパストアに売っていたサイン帳は、どのページも片面に写真が入れられるようになっていて、サインを貰う際に一緒に撮ったキャラクターとの写真を入れられる仕組みになっていました。

サインが終わると子供達をハグ。そして私にもハグ♡

まずは子供達と2ショット!そして、家族4人でのショット!カメラマンのカメラと自分の携帯と両方撮ってくれます。

写真撮影終了後、最後にもう一度子供達とハグ!アウラニのキャラクターサービス良すぎ~!!

撮った写真は後程食事しているテーブルに購入案内のスタッフさんが来ます。

可愛いアウラニ専用のフレームに入った台紙付き写真の購入は35ドル、データCDのみは35ドル、台紙付き写真とデータCDを両方同時購入の場合は45ドルでした。

我が家はデータCDのみの購入。表紙が真っ白なCDでしたので、帰国してから自宅でタイトルと写真を編集して表紙に印字しました。

◆パンケーキ、ワッフル、フレンチトースト、美味しそうなパン系が豊富なメニュー

マカヒキではたくさんの種類のパンがありました。

しかも形がミッキーで可愛い(*^^*)

おかずもソーセージやベーコン、サーモンにチーズなど豊富なバラエティー!

ご飯と味噌汁もありました。これは長期滞在で日本食が恋しい人にとっては嬉しい!まだ2日目にもかかわらず、パパと子供たちは日本食が恋しくて食べていました(笑)

オムレツは10種類くらいある具材から好きな物をリクエストすると目の前で作ってくれます。

パパはチーズが苦手なので「チーズ抜き」のオムレツをお願いします!と拙い英語でリクエストしていましたが・・・出てきたのはチーズオンリーのオムレツ!!(笑)
英語・・一緒に勉強しようね(笑)

他にもアイランドフルーツにヨーグルト、ミニケーキなどデザートまで目移りしてしまうくらい美味しそうな料理が並んでいました。

◆テーブルにはミニーやグーフィーが回ってきてくれます

テーブルを囲んで食事を楽しんでいると、ミニーちゃんが遊びに来てくれました♪
可愛い。子供たちはまたもや「サインプリーズ!」とおねだり。ミニーちゃんも快く書いてくれました。

ミニーちゃんの仕草やポーズっていちいち可愛くて好きです♡

皆で写真タイム♪ミニーちゃんと笑いあったり、ポージングを同じにしたり楽しい時間を過ごしました。

グーフィーもテーブルを順番に回ってきてくれます。我が家はまだビュッフェを取りに行ってる最中だったのですが、我が家の子供たちやってくれました。

グーフィーの姿を見つけた瞬間、サイン帳を持って一目散に走り出しました。
「サインプリーズ!」

いや、順番に回ってくるからフライングするの止めて~(笑)慌てて並んでた列を飛び出して止めに行きました。

パパとも仲良しグーフィー♪

◆演奏と共に子供たちはミニーちゃんと行進♪

食事をして1時間ほどたった頃、何やら店内に音楽が聞こえてきました。覗くとミニーちゃんが子供たちを集めています。

そして、1人に1個のフルーツのオブジェを渡して、そちらを持ってきてアンディーを先頭にミニーちゃんとグーフィーと子供たち皆で行進していました。可愛いらしい行進隊です。

終わったら皆で記念撮影していました(^o^)v

こんな感じのちょっとしたイベントがあると、子供たちも飽きずにレストランにいられるので大人はゆっくり食事が出来ますね。

◆お会計はお部屋付け

アウラニの施設内にあるレストラン・カフェ・ショップは全てお部屋付けが可能です。

なので、滞在中お財布&クレジットカードは金庫にしまいっぱなしでした。ルームキーさえ持ち歩けば全てまかなえるので手ぶらで館内を移動出来て快適に過ごせました♪

もちろんマカヒキもお部屋付け会計。ルームキーを提示してチップ額に丸をつけて、席を後にしました。

◆キャラクターグリーティング

朝からお昼過ぎくらいの時間帯は、毎日決まった場所でキャラクターとの写真撮影が出来ます。

ポイント①

毎日開催していますが、場所・時間・キャラクターは日によって変わりますのでどのキャラクターがいるのかは当日の朝までわかりません。

毎朝、お部屋から「2427」の番号に内線するとその日のキャラグリの時間と場所を日本語音声で教えてくれます。聞き取りにくい場合もありますが、機械の音声案内なので気兼ねなく何度でもかけて聞き直す事が出来ます。

例をあげて、私が滞在していた日のキャラグリはこんな感じでした。

例①(休日)
☆9:30/10:30 エバタワー【プルート】
☆12:30/13:30 ハラヴァイローン【プルート】
☆12:30/13:30 ハラヴァイローン【グーフィー】
☆13:00/13:30 ハラヴァイローン【ミッキー&ミニー】
☆13:00/14:00 ハラヴァイローン【モアナ】

例②(平日)
☆9:45/10:45 カブレコーナー【グーフィー】
☆12:00/13:00/14:00 マナバアイランド【モアナ】
☆13:00/13:30 オレロルーム【ミッキー】
☆13:00/13:30 オレロルーム【プルート】
☆14:00/15:00 オレロルーム【ドナルド】
☆14:30/15:30 オレロルーム【チップとデール】
☆13:00/13:30 コイポンド【ミニー】
☆14:00/15:00 コイポンド【スティッチ】

毎日変わるので、予測は出来ませんが、夕方前には終わってしまうようですね。土日より平日の方がキャラクター数が多いように感じました。気のせいかな?

場所は他の日の統計も合わせると、エバタワーやハラヴァイローンの辺りが多いと思います。

ポイント②

キャラグリは宿泊者限定になります。アウラニディズニーには、宿泊者以外にもレストランやお土産ショップ、バケーションクラブの話を聞きに来た人など多数の人がいます。

写真の列に並んでいてもルームキーやプールの時に貰うリストバンドを確認されますので、一般の人は一緒に撮れない形になっています。当日の朝の内線でしかキャラグリの時間と場所がわからないようにしているのもその為かもしれませんね。

なので、そこまで長蛇の列ができる事はありません。待っても15分くらい。

ただ、ギリギリの時間に行くともう締め切りされていて並べない場合があります。

私達はモアナのキャラグリで1回それをやってしまいました~(泣)

子供たち「駄目なの~?」と残念がっていましたが、撮れない代わりにアウラニのシールをくれました。また別の時間に来てね~と。

ポイント③

キャラグリの場所は基本外なので、服装は自由です。写真撮影は水着でもOKなので、時間ギリギリまでプールなどで遊んでいることも可能です。

私服しか駄目だと、もしプールで遊んでいたら、一度お部屋に戻って着替えて写真を撮ってまたプールに戻って・・とか面倒くさくてやってられないので、水着OKなのは助かりました(*^^*)

朝、キャラグリの時間を聞いたら、お目当てのキャラクターとの時間まではプールやビーチで遊んでいると良いと思います。

◆まとめ

アウラニではキャラクターと触れあう機会がたくさんあります。滞在日数が増えるほど、色んな種類のキャラクターにも会えるので、いつか全員のサインを貰えたらいいな~と思います。

次回はアウラニ施設内にあるアンティーズビーチハウスについて記載します。無料で3歳~12歳までの子どもが楽しめるアクティビティクラブです。

前回の記事はコチラ⇒2018年子連れハワイ旅行記③1日目:アウラニの楽しさ満載のプールと素敵なコオリナビーチ

スポンサーリンク
レンタルタグ大



レンタルタグ大



シェアする

フォローする