東京おもちゃ美術館とすぐ周辺ランチの体験レポート

スポンサーリンク
レンタルタグ 728×90



シェアする

4歳の双子を連れて東京おもちゃ美術館へ行ってきました。木のぬくもりを楽しんだり、手作りおもちゃを作ったりとかなり満喫したのでご紹介します。館内は飲食禁止なので、周辺の徒歩1、2分くらいにあるお店でランチしてきました!

スポンサーリンク

◆最寄駅は丸の内線「四谷三丁目」駅

東京おもちゃ美術館へは四谷三丁目駅から徒歩7~8分ほどで着きます。

消防博物館

改札を進み、消防博物館入口前の出口を出るとすぐに駅から直結した【消防博物館】が現れます。

我が家はこちらには寄りませんでしたが、入園料は無料で、消防車の展示品が豊富なのでお時間がある人は立ち寄ってみて下さい!クラシック消防車などクオリティの高いものがたくさんあるので男の子は特に喜ぶかも。

四谷ひろば

東京おもちゃ博物館は「四谷ひろば」の中にあります。おもちゃ博物館は旧四谷第四小学校の校舎を利用して造られていて、懐かしいような暖かみのあるぬくもりを感じることのできる建物になっています。

四谷三丁目駅の改札を出て地上に出たらそのまま20号沿いを右に真っ直ぐ進みます。ファミリーマート、Burger kingを通過して、さらにHOTEL WINGを通過して一つ目の曲がり角(四谷四丁目東の信号の場所)を右に曲がります。そのまま真っ直ぐ進むと右手奥に校舎が見えてきますのでそこを目指して進みます。四谷ひろば(旧四谷第四小学校)に到着すると、おもちゃ博物館の垂れ幕と案内図が出てきます。

校舎入口の右横に園庭があり、未就学児はここで遊ぶ事も出来ます。(開放時間:午前9時から午後5時まで)
おもちゃ美術館の受け付けは2階になりますので早速進んでみましょう。

◆東京おもちゃ美術館

おもちゃ美術館の情報は下記の通りになります。

開館時間:10:00~16:00(入館15:30まで)
 休館日 :木曜日(特別休館日あり)
 入館料 :こども 500円(6か月~小学生)
 おとな 800円(中学生以上)
 おとなこどもペア券 1200円
 団体割引 15名様以上1名につき100円引き
 平日パスポート/6か月間有効 こども 1800円 おとな 2500円
 新宿区民は200円引き(住所確認有り)

我が家はママ1人と4歳の双子なので、おとなこどもペア券1枚とこども券1枚を購入しました。
当日であれば券を見せれば何度でも再入場可なので、飽きたら園庭で遊んだり、ランチを食べに外に出たりも出来ます。

それでは順番にお部屋をご紹介して行きます。

ギャラリーショップ Apty

こちらは入退場の受付のすぐ手前にあるお土産屋さんです。館内に展示されているグッド・トイのおもちゃや中で遊べる人気のおもちゃなどが売られています。

入口前にあるので、ツインズ達は入館前ですでにこちらから動きません。もう入館しないでお土産を買って帰ろうかと思うほどでした。(笑)

グッドトイてんじしつ

奥と四方の壁には、「グッド・トイ」選定のおもちゃがずらりと並んでいます。奥の展示品は見るだけで触る事はできませんが、中央のテーブルにはいくつか遊べるおもちゃが置いてあり、赤いエプロンをしたおもちゃ学芸員さん達が遊び方を教えてくれます。

きかくてんじしつ

あまり目にしないような珍しいおもちゃ達が展示されていました。中央には動物の形をしたおもちゃを引っ張って遊べるものが置いてありました。

あまり興味を示さなかったので次へ・・(笑)

おもちゃのもり

木のボールプールやツリーハウス、そろばんを作成できるものもありました。

ここは結構のびのびと遊んでいて真ん中にある木のハウスを秘密基地だ~と盛り上がって遊んでいました。

おもちゃこうぼう

階段を上って3階に移動し、すぐ右手には手作りおもちゃを作れるお部屋があります。
目の前に受付予約できるカウンターがあり、左下の小さなテーブルに時間予約のふせん、又は引出しに札が入っていますのでそちらをGETします!

本日、作れるのは3つ

どれか1人1つしか作れないので、指あみして作る「ビヨヨーンかえる」と紙皿を繋いで車輪をつくる「かざわ」の予約券をそれぞれ取りました。時間になったらおもちゃこうぼうのお部屋に行ってスタッフさんの説明を聞きながら自分の力で作ってみます。

すごい手作り感満載のが出来上がりました。

ゲームのへや

世界中のアナログゲームが展示されていてボードゲームを楽しめます。ここは少し我が子達には難しかったみたいなのでスルー

おもちゃのまちあか

けん玉、コマ、お手玉、しりとりができる五十音のパネルなど日本の伝統のおもちゃがたくさん置いてありました。小さな茶室もあり、定期的にお茶会も開かれるそうです。ちなみに今日はやっていませんでした。残念・・。

おもちゃのまちきいろ

おままごとが出来る「ごっこハウス」がありました。すべて木製で、大根が刺さっていたり、壁に磁石でりんごやシイタケがついていて、カゴを持って収穫が楽しめる仕組みになっていました。収穫した野菜は対面のキッチンで洗って・・と一連を楽しむ事が出来て、ツインズはこのお部屋が1番お気に入りでした。

赤ちゃん木育ひろば

1階に降りると0歳、1歳、2歳の赤ちゃん限定のお部屋があります。兄弟がいても3歳以上は中に入る事は出来ず、我が家は年齢オーバーで中に入る事は出来ませんでした。

中は木製の滑り台やトンネルが置いてあり、赤ちゃんたちはハイハイしながらのびのびと楽しめるようです。おもちゃ美術館はトイレが館内の外にしかないのですが、こちらの部屋にはおむつ替えコーナーも常備されています。

科学おもちゃパフォーマンス

おもちゃ学芸員さんが、化学おもちゃを面白く紹介してくれます。

不思議な実験に子供たちは目を開いて見入っていました。

◆ランチはおもちゃ美術館から徒歩1、2分の【風~KAZE~】へ

おもちゃ美術館の中は飲食禁止になります。フードコート的なものがあると助かるんですけどね・・。しかし、何度でも再入場可なので一旦外に出てお昼を食べに行きました。

おもちゃ美術館周辺でランチを食べるところは、ホテルビュッフェやカフェベーカリーのお店などたくさんあります。今日は、おもちゃ美術館から1番近いカフェBarでランチして来ましたのでご紹介します。

おもちゃ美術館を出て左へ進みます。先程、行きに通ってきた20号へ出る道に向かって進んでいくと、徒歩1,2分で右手に【風~KAZE~】のお店があります。

お洒落なメニュー表におすすめランチと離乳食持ち込みOKの案内が書いてあります。

中はベビーカーもOKなので子連れへの配慮があって安心です。この気遣いがとても嬉しいですね。

中はカウンターとテーブル席があり、奥のテーブルへ。今日は自家製のミックスピザとバケッドサンド(チーズ・ベーコン)を注文しました。

子供用のマグカップや取り分け用の食器も用意してくれました。思った通り、色の取り合いで喧嘩が始まりました・・。でもピザが到着した途端、もちもちピザに子供たちは喧嘩も忘れて大喜びです。バクバク食べていました。

とてもサービス満点で気持ちのいいお店でした。また次回も利用したいと思います。

プチ情報でこちらのお店、お誕生日月にはカクテルを1杯プレゼントとなっていました。

◆まとめ

以上でレポート終了となります。東京おもちゃ美術館は赤ちゃんから大人まで楽しめ仕掛けがたくさんありました。日によってイベントも変わるので何度でも遊びに行きたい場所です。

是非、次の休日にはお出かけしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レンタルタグ大



レンタルタグ大



シェアする

フォローする