子供のシャンプー・トリートメントどうしてますか?サラサラになるおすすめの子供用トリートメント

スポンサーリンク
レンタルタグ 728×90



シェアする

お子さんの髪を洗うとき、シャンプーは何を使っていますか?我が家はついこの間までキャラクターボトルのリンスインシャンプーを使っていました。

でも何だか髪質が他の子と比べてゴワゴワしてるし絡まるなぁ・・と感じていました。そこで思い切ってリンスインシャンプーをやめました!個別になっている子供用のシャンプーとトリートメントを使い始めてみると、なんとサラサラ髪の仲間入りが出来たのです♪

トリートメントを使う事でこんなに変わるなんてと感動しましたので、今回は子供の髪質についてとオススメのトリートメントについてご紹介します。

スポンサーリンク

◆子供の髪質

子供の髪質は成長と共に変化していきます。赤ちゃんから幼児・小児だとまだまだ大人の髪質とは違いますので細くて柔らかい毛質の子が多いでしょう。カットを繰り返す事により、髪の毛の伸びもよくなり中学生あたりから太くて大人と同じ髪質へと変わって行きます。

赤ちゃん時代の時は、大人と同じシャンプー・トリートメントを使用した場合、頭皮への刺激が強すぎてかゆみやかぶれてしまう事がありますので、なるべく低刺激の石鹸系のシャンプーを使用する事が推奨されています。

◆ベビーシャンプーは何歳まで?

皆さん初めは石鹸系の全身洗えるボディシャンプーで髪の毛から足の先まで洗ってしまう人が多いのではないでしょうか。赤ちゃん時代はそれでよかったけれど、1歳半を超えたあたりからシャンプーはこのままでいいのかな?と悩まれる人が多くいます。

全身洗えるボディシャンプーはそのほとんどが低刺激の弱アルカリ性の成分で出来ていますので肌に優しく安心安全な製品ですが、洗浄力が弱かったり髪の毛のキューティクルにダメージを与えて傷みやすい状態となってしまいます。

もちろんアトピーや肌質が弱いお子様は、そのまま低刺激のシャンプーを使い続けた方が良いし、いつから絶対に切り替えなくてはいけないという決まりはありません。くしを梳かしている時に髪の毛の絡み具合が少し気になり始めたら是非トリーリメントを検討してみて下さい。

◆おすすめのシャンプー・トリートメント

実際に使ってみたものや口コミで好評のおすすめのトリートメントをご紹介します。

●メリット 泡で出てくるシャンプー キッズ

メリットから発売されている子供用のシャンプーです。ポンプから直接泡で出てくるため泡立てずにそのまま使用する事が出来ます。これなら泡立てるのが苦手の子でも1人で上手にシャンプーが出来ちゃいます。髪と地肌と同じ弱酸性成分で出来ています。

【成分】
水、ラウレス硫酸アンモニウム、ステアレス-6、ラウレス硫酸Na、エタノール、ラウリルヒドロキシスルタイン、リンゴ酸、イソデシルグリセリルエーテル、ラウレス-3、ユーカリ葉エキス、カミツレ花エキス、ヒマワリ種子油、グリチルリチン酸2K、PPG-3カプリリルエーテル、PPG-9ジグリセリル、ラウリン酸、PPG-7、BG、水酸化K、水酸化Na、安息香酸Na、香料

●メリット トリートメント さらさらヘアミルク

絡まりやすい髪もすとんと指が通るようになります。洗い流すタイプのトリートメントになります。こちらも髪と頭皮と同じ弱酸性。1回でパサツキが軽減され、サラリとまとまる驚きの効果が得られるので是非試して頂きたい商品です。

●カウブランド無添加 シャンプー

地肌にやさしい天然由来アミノ酸系洗浄成分配合の弱酸性シャンプーです。大人も子供も一緒に使えるので、わざわざ大人用と子供用のシャンプーを分けるのが嫌なご家庭にもおすすめです。泡立ちが良く、デリケートな肌と髪に合わせた無添加で安心安全な成分で出来たおすすめのシャンプーです。

【成分】
水、DPG、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、ココアンホ酢酸Na、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、ラウレス-4カルボン酸Na、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ココイルグルタミン酸Na、ベタイン、ポリクオタニウム-50、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルアルギニンエチルPCA、クエン酸

●牛乳石鹸 カウブランド 無添加トリートメント

パサつく髪をしっとり、しなやかにまとめます。植物性トリートメント成分・コンディショニング成分配合の弱酸性低刺激トリートメントです。

●子供用リンスインシャンプー+大人用トリートメント

シャンプーは子供用のリンスインシャンプーを使用して、トリートメントだけは大人と同じものを使用しているご家庭も多くあります。

子供用のシャンプーを使うメリットは、「目にしみない」・「低刺激」・「パッケージが好きなキャラクターだったり可愛いかったりすると自ら進んで洗う」ことでしょうか。大人用のシャンプーだと刺激が強すぎてかゆみが出てしまったりする子もいますので、お子様の様子を見ながら徐々に変更して行く事をおすすめします。

トリートメントは洗い流さないタイプのものもたくさんありますので、お風呂の中では子供用リンスインシャンプーを使い、お風呂上りに洗い流さないタイプのトリートメントをつけてあげても良いと思います。

●まとめ

子供の髪と肌はとてもデリケートなものになります。きちんと状態をチェックをしてその子にあったヘアケアをしてあげて下さい。

スポンサーリンク
レンタルタグ大



レンタルタグ大



シェアする

フォローする